スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年05月13日

VIVA ARMS ZB26 実物マガジンを装着する。

久しぶりの投稿です。あっと言う間に桜の時期が過ぎ、ゴールデンウイークもあっと言う間に終わってしまいました。暑かったり、寒かったり変な天候が続いています。さて、今回の投稿は細々と改修をしていますZB26です。今回は実物のマガジンの外側のケースを改造し、ARROW DYNAMICのマガジンの内部のメカを取り付けて、VIVA ARMSのZB26の本体に取り付けられるようにしました。今回使用したマガジンのメカはUFC製のマガジンです。
写真は実物マガジンを装着したものです。



上がARROW DYNAMICのマガジン、下が実物マガジンです。ARROW DYNAMICのマガジンの方が縦に長いのが判ります。


改造したマガジン右側の写真です。固定用のピンを通す穴の穴あけ位置を間違えてしまいました。少し外径の大きい穴はマガジン巻き上げ用のレンチを通す穴です。

マガジン左側前部

マガジン左側後部
  
タグ :ZB26


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 10:56Comments(0)ZB26VIVA ARMS ZB26

2018年03月24日

GE M240Bのバイポッド修理

久々の3ヶ月ぶりの投稿です。今年の冬は例年になく寒く、老いぼれはずっとこたつにこもっていました。
3月になり、ようやくエアガンを弄る気になり、昨年2月にバイポッドのフックが破損したGE M240Bの修理を行いました。

フックが折れて無くなってしまった部分 これが無いとバイポッドが折りたたみ収納できません。

新しくアルミで作ったフックをリベットで取り付けたところ(塗装前)

バイポッド裏側(塗装前)

バイポッドを収納固定したところ(塗装前)

フック製作にあたって使用した工具と材料
左から3mm直径のリベット、ハンドベンダー、2mm厚のアルミ板(アルミ合金ではありません。アルミ合金のものは
板を曲げる時に折れてしまいました。)

以下、塗装後の写真 完璧とは言えませんが、見た目は、ほとんどオリジナルと変わりません。

  
タグ :GE M240BM240B


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 11:00Comments(0)GE M240B

2017年12月01日

2017年11月29日のサバゲー

11月は1回だけのサバゲーです。久々に晴天に恵まれ、いつものフィールドに行ってきました。水曜日の定例会はタイミングが悪く、用事や雨の日で、なかなか行く機会がありませんでした。今回持って行った銃はA&K MINIMI M249とG&GのF2000、KING ARMSのトンプソンM1A1です。
以下写真はMINIMI M249です。
今回、マガジンと接続するコネクターの不良で、後半のゲームは多弾マガジンを使用しました。

G&GのF2000です。11月初め、あるイベントの帰りに立ち寄った御徒町のエアガンショップで、カットオフレバーとスイッチを見つけ、購入し、早速部品を交換しました。これで、セミオートの不調は完璧とは言えませんが、ある程度解消されました。
 写真はKING ARMSのM1A1です。
 F2000を持って射撃中の写真です。モーターはマルイのEG1000に換えています。
 写真はフラッグに行く途中のものです。
 最後尾の遠距離から制圧射撃をしています。これから少しづつ前進し、前線を押上げて行きます。
今回は味方を撃つ事がなかったので、良かったです。  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 11:42Comments(0)MINIMIサバゲーG&G F2000KING ARMS トンプソン M1A1

2017年11月05日

A&K MINIMI M249をトライポッドに載せる

ようやく秋晴れの日々が続いています。最近投稿もおっくうになってきました。
A&K MINIMIのトライポッドへの搭載もようやく可能となりました。GEのM240Bは何の加工もなしにピントルの装着が可能でしたが、A&K MINIMIはピントルのロッドがMINIMIの穴に入らず、穴を加工する必要がありました。
写真は本物のエルカンスコープを装着したMINIMIをトライポッドに載せたものです。

写真はピントル部分

写真は後方のT&E部分です。

MINIMIのこの部分も穴を拡張しました。

写真はピントルのロッドが入る穴の部分です。ピントルが装着できるように削っています。得意のヤスリがけです。穴の前方に削った部分がありますが、これはM60用のピントルを使用するとき、この部分にそのピントルを装着するのですが、まだ完全に削り終わっていません。
  
タグ :MINIMIM249


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 11:37Comments(0)MINIMI

2017年10月07日

2017年10月4日のサバゲー

10月4日 水曜日 いつものフィールドに行ってきました。気温も下がり、大分涼しくなってきました。先週もサバゲーに行ってきましたが、ここのところ、サバゲーは絶不調です。ゴルフで言えば、パターのイップス病です。先に敵を見つけても、即トリガーが引けず、ためらってしまい、敵に先に打ち込まれたり、逆に味方を敵と見誤り、即撃ってしまったり、気まずい思いをしています。今週のゲームは常連さんと別のチームに入りゲームをしたのですが、圧倒的に相手側のチームに押されていました。
写真はA&KのM60E4 MK43です。1回のみ使用しました。流速にしていますが、弾の伸びが悪く、あまり満足していません。今度、バレルとパッキンを換えて見ようと思います。

A&K M249 MINIMIです。これも流速にしています。この銃は弾の伸びもよく、集弾性もいいので、よく使用しています。
 マルイのHK416Dです。バッテリーが弱ってきているので、バッテリーを換えなければ。
 写真はHK416を使用しているところです。
 写真はMINIMIを使用して、制圧射撃をしているところです。ちょうど40m先を狙っていたので、エルカンM145スコープを持ってくればよかったです。
  
タグ :M60MINIMIHK416D


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 10:17Comments(0)M60MINIMIM60 E4 MK43 サバゲーライフルマルイHK416Dサブマシンガンマルイ MP7A1

2017年09月24日

S&T M3A1グリースガン 試射

昨日はS&T M3A1 グリースガンの試射に行ってきました。先日、ぶっつけ本番でゲームで使用したのですが、今回はこの銃の性能を良く把握するために、試射をしてきました。まだ中身はいじっていませんが、結構集弾性はいいようです。
このホップは手前のU側に引くとホップアップのようですが、実際はD側に押すと、ホップがかかります。不思議だ。 このリアサイトは瞬間的に照準をするのには、向いていません。MP40のようなM字型のくぼんだ形状の方が素早く照準できます。やはりサブマシンガンは30m以内の近接戦闘に向いています。

  
タグ :M3A1 GREASE GUN


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 10:52Comments(0)サブマシンガンS&T M3A1グリースガン

2017年09月17日

2017年9月13日のサバゲー

先日、水曜日、久々にサバゲーに行って来ました。いつものフィールドです。持って行った銃はA&K PKM、KING ARMS トンプソン M1A1、S&T M3A1グリースガンです。
以下の写真はPKMを使用しているところです。
写真はKING ARMS トンプソンM1A1です。

今回、初めて使用したS&T M1A1 グリースガンです。フルメタルで質感抜群です。
 グリースガンを持っているところ

グリースガンを持って、索敵中


PKMでの遠距離射撃しているところです。久々の使用で、マガジンのスイッチ操作を誤り、弾がでない状態で、トリガーを引いていました。
グリースガンを使用した後、休憩中、グリースガンのグリップ底部の蓋が紛失しているのに気づき、昼休みにフィールドに探しに出たら、運良くフィールドに入るゲートの5、6m先のところに蓋が落ちているのを発見しました。ほとんど諦めていたのですが、奇跡的に発見できました。
 グリップ底部と蓋 ゲームに出る時は、蓋が外れないようビニールテープで押さえておいた方が良さそうです。

今回、2ヶ月ぶりのゲームで、ゲーム感が大分鈍っていました。7月、8月は熱中症を注意してゲームに行くのを控えていましたが、水曜日は天気が良く、真夏日となり、暑さが体に応えました。昼食後、急用もできたので、ゲームは午前中で早々と切り上げて、帰宅しました。  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 11:28Comments(0)PKMサブマシンガンKING ARMS トンプソン M1A1S&T M3A1グリースガン

2017年08月26日

S&T M3A1グリースガン

関東地方ではまた暑さが戻ってきましたね。さて、マシンガンおやじのコレクションに新たに加わったS&TのM3A1のグリースガンです。二次戦の米軍装備が増えてきました。グリースガンをテレビ上で見たのは、確か『ギャラントメン』であったと思います。放映期間が6ヶ月と短かったのですが、叙情的なヒューマンドラマでいい作品であったと思います。主題歌の『戦場の恋』も良かったですね。日本ではフランク永井さんが歌っていました。
  
タグ :M3A1


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 11:39Comments(0)サブマシンガンS&T M3A1グリースガン

2017年08月05日

VIVA ARMS ZB26 の試射とショウエイMG42AEGの試射

久々の投稿です。昨日は久々にいつものフィールドに試射に行って来ました。曇りで風もなく、暑くもなく、湿度はありましたが、熱中症の心配はない天候でした。最初にZB26の試射を行い、照準の感覚を慣らしました。それというのはZB26は弾倉を上からさすため、照準器が脇に位置し、銃身の真上にフロントサイトとリアサイトがないため、横の着弾位置を合わせるのが難しいからです。
 次にショウエイのMG42AEGの試射も行いました。一昨年から不調で、いろいろ部品を試しているのですが、どうも給弾がうまく行かず、秒間20発以上を達成していません。この不調は一体型シリンダーを一体型でないシリンダーに交換したあたりから、起きているように感じます。ギアの持ちも悪くなってきています。以前のような気持ちのよい一連射が懐かしいです。
  
タグ :ZB26MG42


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 10:49Comments(0)MG42ZB26VIVA ARMS ZB26ショウエイ MG42AEG

2017年07月06日

VIVA ARMS ZB26 重量増加

毎日蒸し暑く、いやな天気が続きます。さて、久々のアップです。VIVA ARMSのZB26は意外と軽いので、重量感を増すために、ピストンロッドの代わりとして、8mm径のスチールロッドを適当な長さに切断し、ガスパイプの中に入れてみました。重量はマガジンなしで5.4kgです。これでもまだ重量が足らないですね。
 前部のガスパイプを外したところ
 前部ガスパイプ、ピストンロッドの代わりとなるスチールロッド、一番下がアウターバレルです。 
中でずれて動かないよう3カ所にビニールテープを巻いています。
 ガスパイプの前部 スチールロッドの先端が見えています。
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 12:39Comments(0)ZB26VIVA ARMS ZB26

プロフィール
マシンガンおやじ なおちゃん
フィールドでは、重いマシンガンを担いで、がんばっています。
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人