2014年02月27日

BAR ブローニングM1918自動小銃(Browning M1918 Automatic Rifle)

ARROW DYNAMICのBARです。今のところ、LMGはこれで最後の紹介です。昔、コンバットでカービーが持っていた銃です。サバゲーでは2回ぐらいしか使用していません。中身のカスタムはしていません。マガジンは5本用意しています。たまにはサバゲーで使ってやらないとかわいそうです。
バイポッドはスチール製です。バイポッドを付けて、構えると結構重いです。
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 22:10Comments(0)BARブローニングM1918

2014年02月26日

S&T MG42のカスタマイズ 加速シリンダーに換える

サバゲーに行く前に、MG42のシリンダーをSHSの加速シリンダーに換えました。オリジナルのシリンダーは通常のよりも短いので、この加速シリンダーを削り、オリジナルのシリンダーにサイズを合わせました。多少初速が上がったような気がします。それにしてもメカボが薄いですね。流速にするには、補強しないと、メカボが危ないですね。流速にしない方が無難です。
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 22:36Comments(2)MG42S&T MG42

2014年02月26日

MG34 RED WOLF MG34 S&T MG42 2月2回目のサバゲー

今回、B社の弾を使用して、MG42を使ってきました。0.2gだと、ちょうどよくホップがかかっていました。0.25は弾ずまりを起こしていました。E社のは0.2g、0.25gとも弾ずまりを起こしませんでしたが、0.2gはホップが甘かったです。作動はいたって快調でした。
MG34場合はB社のBB弾はホップを強くすると、0.2gでも弾ずまりを起こしていました。E社のBB弾は0.2g、0.25gとも弾ずまりは起こしませんでした。銃によってBB弾の相性があるんですね。今回のMG34は重たい。バイポッドが本物ですから。  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 21:19Comments(0)MG42S&T MG42MG34サバゲー

2014年02月24日

MG34 RED WOLF MG34 シューティングレンジにて

S&T MG42とRED WOLF MG34が並んでいます。RED WOLF MG34はまだメカボの中、チャンバーなどいじっていませんが、発射速度が毎秒19発になってきています。
MG34 弾薬箱からの給弾 バイポッドは本物です。
 集弾性がいいです。バースト射撃で狙えます。
弾薬箱からの給弾 スプリングホースを通って、BB弾が給弾されているのが見えます。  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 20:58Comments(0)MG34

2014年02月22日

MG34 RED WOLF MG34 弾薬箱からの給弾

MG34も弾薬箱からの給弾をできるようにしました。S&T MG42、ショウエイのMG42と共用です。MG34の改造箇所は、10mmのアルミスペーサーを使用したこと、変換コネクターを作ったこと、ベルトリンクが落ちないよう、給弾カバーの裏側にベルトリンク止めを付けたところです。
アルミのスペーサーが見えます。給弾カバーに密着させるためのシリコンゴムのホースが見えます。
給弾カバーの裏側 ラジコンの燃料パイプ用ブラケットがちょうどよくあったためこれを利用
給弾カバーの右側 スペーサーとホース、シリコンゴムホースが見えます。
ラジコンの燃料パイプ用のブラケット
変換コネクターケーブル
外径10mmのアルミスペーサー
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 23:00Comments(0)MG34

2014年02月21日

MG34 本物バイポッド その2

やったー!ようやく ヤスリがけが終わった。時間がかかった。
やっぱり本物のバイポッドを付けると、重量感がでます。実際、重いですけど。
折り畳んだ状態 バイポッド両脇のボタンを押しながら、バイポッドを引くと、畳んだ状態から解放されます。
ようやく ヤスリがけが終わったと思いきや、バイポッドを何度も入れたり、外したりしている内に、フラッシュハイダーのストッパーが折れてしまったではないか?材質が亜鉛ダイキャストなので、耐久性がなかったのでは?さて、どうやって直そうか?
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 00:14Comments(0)MG34

2014年02月19日

MG34 本物バイポッド

久々にアップします。MG34のバイポッドの本物を手に入れたので、なんとかRED WOLFのMG34に取り付けられるように、ひたすら、やすりがけの日々です。写真はMG34のバイポッドの後期型です。開脚度の調整用のねじがあります。本物のバイポッドは結構重いので、サバゲーで取り付けて動き回るのはつらいかもしれません。
この出っ張りの厚みが本物は3mm、RED WOLFは2.5mmでこのままでは本物のバイポッドをRED WOLFの本体に取り付けられません。
この溝に入るようにします。写真はRED WOLFのバイポッドを取り付けています。
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 23:46Comments(0)MG34

2014年02月14日

MG42のリコイルブースター 本物

本物のリコイルブースターを手に入れました。もちろん、S&TやショウエイのMG42には収まりません。知らない人がみれば、単なる鉄の固まりです。このリコイルブースターが発射の際に噴出するガスを利用し、反動をより強めているのですね。
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 19:08Comments(0)MG42

2014年02月14日

MG34 RED WOLF MG34   ストックのゆるみ解決 力ずく

このスプリングはストックのゆるみの防止のためにあったのですね。
ぴったりとねじ込めないため、ストックと本体の間に隙間ができています。
最後まできっちりねじ込むとストッパーまで届きません。うーむ!許せない。精密加工の固まりであるMG34に隙間があるなんて。ここは、力ずくで何度もねじ込んだり、緩めたりを繰り返し、ストッパーがぴったりとはまる位置までねじ込みました。
ぴったりとストックが本体にはまっています。これぞMG34です。
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 11:58Comments(0)MG34

2014年02月13日

MG34 RED WOLF MG34 サバゲー初投入 その3

どういうわけか、マルチカムの戦闘服を着て、MG34を構えています。そろそろドイツ軍装備をしなくては!私は40mから50mくらいの遠距離から、ゲーム開始時の突進して来るであろう所を狙って、位置取りをし、そこで、狙いをつけて機関銃掃射をします。それなので、弾がばらけるのを嫌い、マシンガンであろうと、集弾性を求めます。フィールドの方によく言われます。『一日中LMGを持って、重たくないですか?』『これは男のロマンです。』と答えています。
  


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 20:20Comments(0)MG34サバゲー

プロフィール
マシンガンおやじ なおちゃん
フィールドでは、重いマシンガンを担いで、がんばっています。

< 2014年02>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人