2018年07月25日

SHOEI G43 細部写真

今日は少し暑さが和らいでいますが、皆さん熱中症に注意しましょう。私も確か3、4年前にサバゲーに行って、熱中症になりました。その日は午前中で切り上げて帰って来たのを覚えています。私の服装は米軍仕様のマルチカムの野戦服なので、あまり通気性が良くなく、汗びっしょりになります。最近は年齢を考えて、夏場のサバゲーは控えています。さて、今回もG43ネタです。G43の外観細部の写真を撮りました。素人撮影であまり良く写っていませんが、そこはご勘弁を。

  左側前部

  左側ストック部分

  左側リアサイト部分 リアサイトの下、ストック近くに刻印があります。

  左側ボルト部分

  左側バットストック部分

  右側前部 フロントサイト部分

  右側前部

  右側前部

  右側リアサイト部分

  右側 ボルトとレシーバー  レシーバーの白い線はスコープマウントを装着した際の傷です。

  右側バットストック

  前方フロントサイト部分

  下部マガジン挿入口とトリガーガード部分 スチール製です。質感が抜群

  下部バットストック部分

  下部前方ストック部分

  下部前部

  上部前部フロントサイト部分

  上部ハンドガード部分

  上部リアサイト部分

  上部ボルトハンドル部分

  上部バットストック部分

  後方バットプレート部分 スチール製 

  バネ式の収納蓋を開けた所

  マガジン 外側はスチール製です。ガンブルーが綺麗です。

  マガジン上部 エアー注入口は米式バルブです。コンプレッサーや空気入れを使用して、エアーを注入します。最大10気圧まで入ります。このマガジンの性能がBB弾の安定的な発射に影響するような感じがします。

  マガジン右上方

  マガジン前上方

  マガジン後上方

  マガジン底部

  マガジン側面の刻印

  フロントサイト部分

  セイフティ部分、右に回すとロック状態になります。

  ボルトハンドル部分

  ボルトハンドルを引いた所  ちらっと見たら、一瞬、真鍮部分がカートリッジのように見えます。

  今日はここまでにしたいと思います。  
タグ :G43


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 11:00Comments(5)ライフルG43

2018年07月23日

SHOEI G43 マガジンキャッチボタンを押してもインテークノズルが後退しない問題

今日も暑いですね。たまに外に出てみると、空気がもわっとしていて、大変不快です。今回もG43ネタです。マニュアルに記載されているように、インテークノズルが出ている状態でマガジンを挿入したりすると、インテークノズルを破損したりします。そのため、マニュアルではマガジンキャッチボタンを押して、インテークノズルを後退させることを勧めていますが、実際には、キャッチボタンを押しても、インテークノズルを後退させることができない場合があります。この時の対処方法を松栄さんから教えて頂きました。

対処方法は下記の通りです。

1、再度、コッキングハンドルを最後退位置まで勢いよく引いてください。
  そして再びマガジンキャッチを押してください。

2、マガジンキャッチを上に向けた状態で、親指でトリガーガードを下方に
  押しながら、そのままマガジンキャッチを押してみてください。

3、それでも後退させられない場合、ショックレスハンマー等でマガジンキ
  ャッチを後方より前方へ叩いてください。(押し方向です。簡単には壊
  れません)

上記の方法でインテークノズルの操作を繰り返していただければ、馴染みがでて、柔らかくなってくるとのこと

 インテークノズルが前に出ている状態

 これは2の方法を試した時のもの

 インテークノズルが後退した状態
  
タグ :G43


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 11:55Comments(0)ライフルG43

2018年07月22日

SHOEI G43

1ヶ月ぶりの投稿です。毎日暑い日が続いています。皆さん熱中症に気を付けてください。確実に昔の夏とは違い、異常に暑いです。学校もエアコン完備が必須だと思います。
さて、待ちに待った松栄製作所のG43が届きました。これから少しづつレポートして行きたいと思います。


内容品は銃本体とマガジン1個、マニュアル、ボルト分離時に使用するピン、専用袋(これは松栄さんで直接注文した人へのサービスだそうです。)です。それに今回私は余分にマガジンを3個注文しました。


マニュアルとボルト分離時に使用するピンです。

以前に購入していた革製スリングをつけたところです。上の銃はCMCのモデルガン モーゼルKar98Kです。

マガジンをつけたところ

仕上げといい、質感といい、素晴らしいです。

先に購入しておいた精密レプリカのZF-4スコープとマウントです。

装着して見ました。

G43 専用布袋にG43を入れて見ました。

  
タグ :G43


Posted by マシンガンおやじ なおちゃん  at 10:11Comments(4)ライフルG43

プロフィール
マシンガンおやじ なおちゃん
フィールドでは、重いマシンガンを担いで、がんばっています。
< 2018年07>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人